ADHDの眠気は遺伝子が影響している

ADHDは日中、眠気を感じる人が18歳未満で5%、成人は2.5%いるそうです。
浜松医科大子どものこころの発達研究センターの研究で、
ADHDの眠気はナルコレプシーの遺伝子と関連している事が判明したそうです。

研究では8~9歳の子、726人を数年に渡り追跡調査。
650万ヵ所の遺伝子変異を調べ、
睡眠障害を起こす遺伝子変異が多いと、
注意欠陥多動障害を起こす遺伝子変異も多くなる事がわかったとのこと。

この結果だと相関関係に留まります。
元より、ADHDの睡眠障害は2.5%~5%しかいません。
単にADHDと睡眠障害を併発してるだけじゃないですかね……。

ADHDの眠気、遺伝子が影響か 浜松医大グループ研究

コメントは受け付けていません。