麻疹ウイルスは免疫記憶をリセットする

麻疹ウイルスが他の感染症と異なるのは、免疫記憶をリセットする事。
免疫記憶とは、免疫系が感染症の原因となる細菌やウイルスを記憶する事です。

免疫記憶はリンパ管の記憶Bリンパ球が担っています。
麻疹ウイルスはリンパ管に侵入し、この記憶Bリンパ球を殺します。
麻疹が治ってから数年、他の感染症に罹りやすくなるのは、免疫記憶がなくなってるからです。
他の感染症、例えばおたふく風邪とか、水疱瘡とかに罹った経験があっても、
それらの免疫記憶もまたリセットされる可能性が高いのです。

麻疹は自然感染が良いと反ワクチン派は主張しますが、
弱毒化した麻疹ウイルスなら記憶Bリンパ球が殺される割合は、かなり減ります。
よって、ワクチンの方が安全性が高いのです。

HOW MEASLES HACKS THE BODY—AND HARMS ITS VICTIMS FOR YEARS

Measles erases the immune system’s memory

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください