鶏に足をつつかれて76歳の老女が死亡

オーストラリアの76歳の老女が、飼ってた鶏に足をつつかれて死んだそうです。
老女は鶏の卵を回収していたとのこと。
足をつつかれただけで死んだ原因は、老女が下肢静脈瘤を患っていたから。
下肢静脈瘤とは、足の静脈に血液が溜まって膨らみ、瘤ができてしまう血管の病気。
立ち仕事を長時間行う人が罹ります。
ずっと立ち続ける事で血が逆流して足に溜まるからです。
鶏はたまたま下肢静脈瘤を2回つつき、静脈瘤が破裂してしまったようです。
なので、鶏としてもそんなに激しくつつかなかった可能性が高いです。
そして、つつかれた老女は出血多量で死んだとの事。
手元に携帯電話があれば、救急へ連絡して助かったかもしれませんね。

A 76-year-old woman was pecked to death by her rooster while gathering eggs

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください