鬱病の原因ウイルスが特定された

東京慈恵会医科大学の研究で、鬱病の原因ウイルスが特定されたようです。
このウイルスは多くの人が幼児期に感染するヒトヘルペスウイルス6でした。
ヒトヘルペスウイルス6が脳に侵入すると、SITH-1という遺伝子が活性化。
SITH-1を発現させるマウス実験では、人の鬱病と似たような症状になるそうです。

更に鬱病患者84人、健康な人82人の血液検査でSITH-1の活性化を調べると、
鬱病患者の79.8%が活性化、健康は人は24.4%しか活性化していなかったとのこと。

健康な人でも24.4%が活性化しているのなら、
必ずしもSITH-1がキーファクターではなさそうですね。
それに、ヒトヘルペスウイルス6のみが鬱病の原因なのかという疑問も残ります。

うつ病の発症 ウイルスが持つ遺伝子が関与している可能性

ヒトヘルペスウイルス6は誰もが体内に感染していますが、普段は休眠しています。
が、宿主のストレスを感じると、体から逃げようとして唾液に含まれます。
その際、鼻の粘膜から嗅球と呼ばれる嗅覚中枢に移って再感染するそうです。
嗅球に入ったヒトヘルペスウイルス6は、SITH-1を生成します。
SITH-1は脳にカルシウムを大量流入させる働きがあります。
カルシウム過剰になった脳細胞は死んでしまう、とのこと。

うつ病の「引き金」物質を確認 名前の由来はあの敵役

コメントは受け付けていません。