食物繊維を多く食べると死亡リスクは2割下がる

国立癌研究センターの研究で、食物繊維を多く食べる人は死亡リスクが2割下がると判明。
この研究は9万人もの追跡調査を行っているので、かなり信憑性が高いはずです。
研究では45~74歳の男女9万人に食事調査を依頼。
1995年から平均16.8年間追跡しています。

その中の食物繊維の摂取量を5段階に分けて、年齢や喫煙や糖尿病などの持病の影響を取り除いて分析。
摂取量が最も多いグループでは、男性の死亡リスクが23%減少、女性では18%減少していたそうです。

ただし、最も多いグループは最も少ないグループよりも10g多く摂取しています。
これは茹で大豆だと120g相当、茹でキャベツだと500g相当とのこと。
割と多めですね……。

食物繊維の種類は、豆類や野菜類と果物類が影響していたとのこと。
しかし、穀物類から摂取している場合は影響してないそうです。

食物繊維多く食べると死亡リスク2割減 9万人追跡調査

コメントは受け付けていません。