電子タバコは記憶力や集中力、判断力を低下させる

米ロチェスター大学医療センターの研究で、
電子タバコは記憶力や集中力、判断力を低下を訴える人が多いと判明。
ただし、この研究は電子タバコ使用者にアンケート調査しただけです。
記事にも同じ注意書きがあるけど、ただの相関関係です。
非喫煙者よりも普通のタバコを吸っている人の方が認知症状を訴える人が多いそうで、
普通のタバコも電子タバコも併用してる人は認知症状がより高かったとのこと。
と言うことは、ただの相関関係と切り捨てられないですね。
普通のタバコと電子タバコ、共通点はニコチンなので、ニコチンの作用かもしれません。

電子タバコ使用者は非喫煙者より記憶や集中、判断力が低下傾向との調査報告、ロチェスター大学が発表

コメントは受け付けていません。