防水スプレーで窒息する恐れがある

防水スプレーを吸い込むと、窒息する恐れがあります。
防水スプレーで窒息する恐れがある
日本中毒情報センターによると近年、防水スプレーを吸い込んだ事故が増えているとのこと。
原因は防水スプレーのシリコン樹脂で、肺の粘膜が間質性肺炎を起こし、酸素を吸収できなくなります。

防水スプレーを室内で使うのは論外。
屋外でも本当は使わない方が良いのです。
自分は注意して吸い込まなければ良くても、風に乗って隣近所にシリコン樹脂が撒かれる訳で……。
知らないで近所の人が使った防水スプレーを吸い込む事は十分にあり得ます。

防水スプレーでペットが死亡する事例もあるようです。
防水スプレーの霧は空気よりも重く、床に停滞します。
犬や猫は床上の空気を吸い込むので、人間が吸うよりも濃い霧を吸い込んでしまうからです。
インコなどの床よりも高い所で飼っている鳥でも、少量吸い込むだけで致死量なので死亡します。

防水スプレーを使用中の事故

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください