阪大が新型コロナ重症化の仕組みを解明

大阪大学の研究チームが新型コロナウイルスが重症化する仕組みを解明したそうです。
その鍵はタンパク質の一種「インターロイキン6」でした。
新型コロナウイルスが血管に感染すると、インターロイキン6が分泌されます。
インターロイキン6はPAI1(plasminogen activator inhibitor-1)と呼ばれる物質を分泌するのを促します。
PAI1は血管内皮と肝細胞で作られ、血液凝固作用があります。
肺で血液凝固が起きると、重症化するわけです。
新型コロナウイルスが血管内皮に潜伏する事、
肝細胞の壊死が起きる事は既に確認されています。
新型コロナは血管内皮にも感染する
アクテムラという治療薬でPAI1の働きを抑えられるので、
新型コロナ患者の治験が行われているとのこと。

新型コロナ重症化の仕組み解明 阪大チーム

コメントは受け付けていません。