認知症ワクチンの動物実験に成功

京大が、認知症を予防するワクチンの動物実験に成功したそうです。
このワクチンはタウタンパク質を利用するもので、
鼻の粘膜細胞がタウタンパク質の抗体を作れるように遺伝子を変えるウイルスとのこと。
マウスを使った動物実験では、タウタンパク質蓄積の減少、
グリア炎症の減少、脳萎縮の改善が見られたそうです。

このタウタンパク質蓄積が起きているのがアルツハイマー病など認知症の特徴で、
従来の研究ではタウタンパク質の抗体を何度も注射する方法が採用されていたそうです。
今回の遺伝子改造では鼻粘膜が自動的に抗体を作り続けるので、何度も注射する必要がないとのこと。

認知症に対する点鼻ワクチンの開発 -遺伝子治療による免疫療法と分子イメージング-

コメントは受け付けていません。