認知症は血中成分の変化でわかる

短縮URL(ショートリンク)
健康認知症

沖縄科学技術大学院大学(OIST)と国立病院機構琉球病院と京都大学の研究チームが、
認知症になると血中成分が変化する事を突き止めました。
変化する血中成分とは神経に毒となる7種類の代謝物と、フリーラジカル(活性酸素)から細胞を守る26種類の代謝物。
認知症患者の血中で神経毒となる代謝物は増加、
フリーラジカルから細胞を守る代謝物は減少していたとのこと。
てことは、神経毒となる代謝物を分解したり、
フリーラジカルから細胞を守る代謝物をサプリとして飲めば、症状や進行を緩和できるんでしょうか……。

認知症の兆候が血液中に示されることが判明

タイトルとURLをコピーしました