布団に入ってすぐに寝るのは行動誘発性睡眠不足症候群

「布団に入って5分以内に眠くなる」のは睡眠負債が溜まっている証拠とのこと。
これは行動誘発性睡眠不足症候群と呼ばれています。

私もそういうタイプで、布団に入って1~2分で寝てしまいます。
確かに慢性的に睡眠不足です。

行動誘発性睡眠不足症候群の症状は日中の集中力の低下昼間に急激に眠気を感じる強い疲労感やだるさ
起きてから4時間後くらいに眠気を感じるのも症状の1つ。

布団に入って10分位はうとうとするのが健康的な寝入りとのこと。
睡眠が足りてないからすぐに寝てしまうそうです。

睡眠不足解消法は、15分程度早寝することらしい。
ただし1ヶ月は取り組む必要があるそうです。
そうすると、1ヶ月あたり7時間半多めに寝ることになります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください