血液型を問わないで輸血できる人工血液を開発

日本の防衛大が人工血液の兎の動物実験の輸血に成功。
この人工血液は1年以上の常温保存が可能との事。

実験では意図的に重篤な出血多量状態にした兎を利用。
兎に人工血液を輸血した所、10羽中6羽が生存できたそうです。
正直、この割合で成功と言えるのかと思わなくはないですが……。
ただし、この割合は本物の血液を輸血した場合と同等とのこと。

既存の輸血方法では、献血が必要。
しかも血液型ごとに保存する必要があります。
血小板の保存期間は、凝固しないよう装置で揺らしながらで、たったの4日。
赤血球は低温保存で20日が限度。
この人工血液は1年の保存期間なので、大幅に血液をストックできます。
しかも血液型を問わないので、患者や怪我人の採血をして血液型を明らかにする手間がかかりません。
いち早く輸血が求められる状況では、血液型を問わない人工血液を使えば生存割合が上がるはずですね。

人工血液、動物実験に成功 1年以上の常温保存も可能

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください