若い血液が若返りの薬になる

神戸医療産業都市推進機構の研究で、若いマウスの血液を老いたマウスに輸血すると若返る事がわかったそうです。
正確には血中に存在する酵素「eNAMPT」という物質が鍵とのこと。
若いマウスの血液からeNAMPTを抽出し、老いたマウスに注入。
すると、老いたマウスの毛並みがよくなり、活動も活発化。
効果は1年位続くとのこと。

若い血液注入でマウスが“若返り” 人間への応用は「秒読み」とも

調べると、スタンフォード大学でも同様の研究をしているようです。
こちらは、若いマウスと老いたマウスの血管を直接繋げ、血液を循環させるという、マッドサイエンティストっぽい研究。

若い血液が「若返り」の万能薬になる? 米国で次々に誕生したスタートアップの思惑

同様に毛並みが良くなり健康的になったそうです。
ただし、若返りの鍵は「増殖分化因子GDF-11」という異なる物質が取り上げられています。

GDF-11を注入した老いたマウスは、脳活動が活発になり、記憶力も向上したとのこと。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください