花粉はセーターに8万個は付く

ライオンの研究で、花粉が飛ぶ時期のセーターには花粉が8万個付いていると判明。
ただし、セーターを着て屋外を1時間散策したとのこと。
花粉の平均飛散量は1立方メートルあたり600個。
これは少なめの飛散量です。
東京都の過去10年の飛散量は1平方メートルあたり4000個です。
と言う事は、実際にはもっと花粉が付くわけです。
ただし綿のシャツだと、その1/4程度。
違いは静電気とのこと。

衣服で花粉が付きやすいのは、服がこすれる下半身。
服がこすれることで静電気を帯びるのが原因。
なので、静電気防止スプレーをかけると殆ど付着しなくなるとのこと。
服に付く花粉の量の比較

エレガード 静電気防止スプレー 75ml
ライオン
売り上げランキング: 9,152

花粉が飛散する時期の衣類への「付着量」は?

衣類への「花粉の付着」を防ぐ3つのポイント

コメントは受け付けていません。