自閉症者はVRの「幽体離脱」を感じない

自閉症者はVRゴーグルで自分の姿を背後から見る映像を見ても、幽体離脱のような感覚を持たないそうです。
一方、普通の人は幽体離脱したような錯覚を感じるんだとか。
これは自閉症者の身体感覚が普通の人とは異なるからと研究者は見ています。

また、自閉症者はパーソナルスペースが普通の人よりも10cmほど狭いそうです。

VR幽体離脱と同様に「ゴムの手袋の錯覚」も、自閉症者と普通の人は異なるそうです。
ゴムの手袋の錯覚とは、被験者の手を隠して代わりにゴムの手を置き、
そのゴムの手を筆でなぞると、自分の手がなぞられているようにくすぐったく感じる錯覚のこと。
この場合、自閉症者は錯覚が起きないそうです。

People with autism are less likely to fall for an out-of-body illusion

視覚+触覚情報が生む新しい「境界」:「ゴムの手を自分と感じる錯覚」

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください