自殺者はミトコンドリアのテロメアが短くなっていた

自殺者はミトコンドリアDNAのテロメアが短い傾向があったと判明。
ただし原因か結果かは不明。

自殺既遂者におけるテロメア長とミトコンドリアDNAコピー数の異常
精神的ストレスや精神疾患によりテロメアが短くなる事は既に知られているようです。
神戸大学の2017年の研究で528人の自殺者のミトコンドリアDNAを調査。
合わせて560人の対照群も調査。
すると自殺者のミトコンドリアDNAのテロメアは短くなっていたとのこと。
もちろん、精神的ストレスに苛まれた結果として自殺する訳です。
テロメアが短いと自殺するというのは違うでしょうね。
精神的ストレスの痕跡なんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください