脳はレム睡眠で老廃物を処理している

短縮URL(ショートリンク)
健康認知症

筑波大学の研究で、マウスの脳血流を観察できる技術を開発し、
脳がレム睡眠中に老廃物を処理していたことを突き止めました。

レム睡眠のREMとはrapid eye movementsの略で、
眼球が小刻みに動いていることから、この名称になってます。
脳波を調べると、レム睡眠中は浅い眠りになっています。

逆にノンレム睡眠は深い眠りです。
ノンレム睡眠で成長ホルモンが増加し、
ストレス物質の分泌が減り、
脳や体の回復にかかわっていると考えられています。

一方でレム睡眠が存在する意味はわかっていませんでした。
しかし認知症研究で、認知症患者はレム睡眠が少ないことがわかっています。
そこでマウスの睡眠中の脳血流を調べたところ、
レム睡眠中に血流が2倍になっていると突き止めてます。

血流が増加して老廃物の処理を促進していたわけです。
認知症の原因はアミロイドβが脳内に溜まることとされています。
レム睡眠でアミロイドβを処理していたんでしょうね。
アミロイドβは脳神経細胞を委縮させます。
やがてはその細胞を殺します。

睡眠中の脳のリフレッシュ機構を解明

Cerebral capillary blood flow upsurge during REM sleep is mediated by A2a receptors

タイトルとURLをコピーしました