砂糖を食べ過ぎると記憶力が下がる

 
短縮URL(ショートリンク)
健康認知症

ジョージア大学と南カリフォルニア大学の共同研究で、
若い頃に砂糖を食べ過ぎると記憶力が発達しないと判明。

研究は21匹の若いラットを砂糖水を飲ませるグループと、飲ませないグループとに分けて比較。
すると、飲ませたラットはエピソード記憶(迷路を解く成績)が低下したそうです。
ただ、以前見たものを思い出す認知記憶は変化なしだったとのこと。
これはエピソード記憶は海馬が司っていて、認知記憶は海馬と関係ないからと研究者は見ています。
また飲ませたラットはParabacteroidesという腸内細菌が増加していました。
そこでParabacteroidesを飲ませないラットに移植すると、
そのラットのエピソード記憶の成績は下がりました。
なのでParabacteroidesが記憶力に影響を与えているとわかります。
砂糖を食べるとParabacteroidesが増えて記憶力が低下するわけです。
Parabacteroidesは人間の腸にもいます。
だから砂糖を食べ過ぎると人間の記憶力も下がると言えます。
であれば、認知症とも関係してそうです。
甘党=認知症になりやすいのかもしれません。

Gut microbial taxa elevated by dietary sugar disrupt memory function

タイトルとURLをコピーしました