睡眠時間が6時間以下だと認知症リスクが30%高い

短縮URL(ショートリンク)
不眠症健康認知症

ロンドン大学ユニバーシティカレッジの研究で、睡眠時間が6時間以下だと中年の認知症リスクが30%増加すると判明。
研究は7959人のイギリス人を25年間追跡調査しています。
調査の結果、中年以降の認知症リスクは
心血管代謝疾患やメンタルヘルス上の問題とは無関係に30%高かったとのこと。
睡眠が足りないと脳細胞の疲労回復が遅れ、脳細胞が過労死するんでしょう。
私も30年くらい不眠症なので他人事じゃないです。

健康:中年期の睡眠時間が認知症の発症リスクに関連している

タイトルとURLをコピーしました