睡眠時無呼吸症候群は認知症のリスクを高める

認知症患者はほとんどが睡眠時無呼吸症候群に罹っています。

滋賀医科大学の研究で、111人の認知症患者を調査。
すると約9割が睡眠時無呼吸症候群となっていたそうです。

睡眠時無呼吸症候群と認知症

認知症の有力な原因物質はアミロイドβとされています。
アメリカの研究では低酸素状態が続くとアミロイドβが増えると判明しているようです。

Hypoxia Due to Cardiac Arrest Induces a Time-Dependent Increase in Serum Amyloid β Levels in Humans

睡眠時無呼吸症候群では低酸素状態が続きます。
その結果、アミロイドβが増えていると思われます。
認知症の原因物質が増えるので認知症リスクが増加する訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください