睡眠改善薬リポスミンを飲んでみた感想

睡眠改善薬リポスミンを6日間、試しました。

【指定第2類医薬品】リポスミン 12錠
皇漢堂製薬 (2010-06-01)
売り上げランキング: 5

睡眠改善薬はドリエルが有名だけど、リポスミンはAmazonで300円台だったのが購入理由です。

睡眠障害は「入眠障害」「熟眠障害」「中途覚醒」「早期覚醒」の4種あります。
私の場合は「入眠障害」「早期覚醒」の2つに悩んでいます。
「中途覚醒」も1ヶ月に1~2回程度ですが、あります。

私は寝付きが悪くて、気絶するように寝ないと眠れません。
床について数十分経っても寝られません。
なので、もう起きているのは限界ってくらいになってから床についてます。

また、睡眠時間も5~6時間程度で目覚めてしまい、
そのせいで日中眠くてたまらないって感じです……。
もう30年くらい、十分に寝られない状態が続いています。

この睡眠障害がどう改善するかの記録です。

9/25 6.5h いつもと同じで寝たりない
9/26 5h 気絶するように寝ずに、ちょっと眠いくらいで床についたけど、30~40分くらい寝られなかった。睡眠の質はいつもと同じで寝足りない
9/27 飲み忘れ
9/28 6h いつもと同じで寝足りません
9/29 飲み忘れ
9/30 6.5h いつもと同じでした
10/1 6.5h 変化なし
10/2 飲み忘れ
10/3 6h 変わりません

買ってから気付いたんですが、箱の注意書きに「日常的に不眠の人」は服用しないでくださいと書いてあります。
睡眠改善薬リポスミンを飲んでみた感想
なので、私には無意味な薬でした。

睡眠改善薬は風邪薬を飲むと眠くなるのと同じ成分(ジフェンヒドラミン)が入っています。
私は風邪薬を飲むと眠くなります。
なので、恐らく睡眠改善薬が効くのは「入眠障害」だけです。

リボスミンを飲んだタイミングは「もう起きているのは限界」って時で、そこで眠くなる作用が働いても無意味でしたね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください