睡眠不足で脳細胞を食べる細胞が活性化する

イタリアのマルケ工科大学の研究で、睡眠不足になると脳細胞を食べる食細胞が活性化すると判明。
経験則的には知られていました。
例えば慢性的なイビキによる睡眠不足は痴呆の原因とされています。
脳内でニューロンへの酸素供給を担っているグリア細胞のアストロサイトとミクログリアは、脳内の「清掃」を行っています。
ミクログリアは古くなって死んだ細胞を食べます。
アストロサイトは不要なシナプスの剪定をやっています。

実験はマウスを以下の4グループに分けて睡眠不足を作り出し、脳を解剖したようです。

1つは毎日6~7時間は眠る安眠グループ。
寝ている間に何度か起こされる妨害グループ。
通常よりも8時間以上起きていた睡眠不足グループ。
4日半もの間、強制的に起きていた慢性的睡眠不足グループ。

すると睡眠不足が強いほどアストロサイトの活性が高まっていたとのこと。

安眠グループは5.7%が活性化。
妨害グループは7.3%が活性化。
睡眠不足グループは8.4%が活性化。
慢性的睡眠不足グループは13.5%が活性化。

しかも、より成熟したシナプスが剪定対象となって切断されていたそうです。
学習が強化されていた神経回路ほど、睡眠不足で切断対象となる訳です。
これは分子的副産物(老廃物?)が増加したのが原因のようです。
成熟したシナプスほど電気的信号を活発にやり取りするので、老廃物も増加するんでしょうね。
と言うことは、徹夜で勉強するみたいな勉強法は逆効果。
睡眠不足でせっかく築き上げた神経回路が切断されてしまいます

慢性的な睡眠不足によって、脳は「自己破壊」する:研究結果

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください