異物混入モデルナワクチンで2人死んでいた

短縮URL(ショートリンク)
健康新型コロナウイルス

金属片が混入していたと判明して使用停止となったモデルナのワクチンの製造番号と同じワクチンで、2人の日本人が死んでいたと判明。
死んだのは30代の男性で、基礎疾患はなかったとのこと。
木曜に接種し、土曜に死亡確認したそうです。
この製造番号のワクチンは163万回分で、以下の会場で接種に使われていました。

Lot 3004667(約5万7千本)(約57万回接種分)
Lot 3004734(約5万2千本)(約52万回接種分)
Lot 3004956(約5万4千本)(約54万回接種分)

新型コロナワクチンの一部ロットの使用見合わせについて

ワクチン接種が死因かどうかは調査中のようです。
接種翌日に発熱し、2日後に死亡なので、副反応で死んだようにも見えます。
現状では、モデルナワクチン接種後に11人の死亡が確認されています。
ただしワクチンとの因果関係は不明とのこと。

Two die in Japan after shots from suspended Moderna vaccines – Japan govt

タイトルとURLをコピーしました