母の子宮頸癌は胎児に感染する

日本の国立がん研究センターなどの研究チームが、
母の子宮頸癌が胎児に感染したことを確認したそうです。
この胎児が罹ったのは肺癌でした。
胎児の肺癌は100万人に1人のケースとのこと。
胎児は男児で、今回の研究で2例見つかってます。
肺癌のガン細胞をDNA解析すると、
Y染色体が存在しなかったので、
男児自身の細胞から癌化したのではない訳です。
男児の片方はオプシーボという治療薬で完治。
もう片方は癌組織を切除したとのこと。
母親はどちらも出産後や出産時に子宮頸癌が見つかり、死亡したそうです。

母の子宮頸がん、子に移行 羊水に混入、肺がんに―世界初・国立がん研究センター

コメントは受け付けていません。