歯周病はアルツハイマー病の原因

国立長寿健康医療研究センターによると、歯周病はアルツハイマー病の原因になる可能性が高いようです。
歯周病の原因菌が出す毒素が、脳内に入って炎症を起こすとのこと。

マウスを使った実験で、歯周病に感染させたマウスと健康なマウスの脳を比較。
歯周病マウスは脳内にアミロイドβが1.4倍も多く溜まっていたそうです。
認知機能テストも成績が悪化していたとのこと。

これは脳内で炎症性サイトカインや細菌エンドトキシンが増加し、アミロイドβの沈着が促進されるのが原因と研究者は見ています。
ちなみに、炎症性サイトカインとは炎症を促進する作用のある物質のこと。
細菌エンドトキシンとは細菌が死んだ時に、その細菌の体内から出てくる毒素のこと。

口腔疾患研究部の松下健二部長らのグループが、歯周病がアルツハイマー病の危険因子となる可能性についての論文を発表しました

歯周病で認知症悪化、仕組みを解明 脳の「ゴミ」増やす

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください