日本人の6割は新型コロナ米国株に耐性がない

短縮URL(ショートリンク)
健康新型コロナウイルス

東京大や熊本大などの研究チームによると、
日本人の6割は新型コロナウイルスの米国株に耐性がない可能性があるとのこと。
この変異株は沖縄で感染例が確認されています。
と言うことは、沖縄の新型コロナは米軍が運んでいるんでしょうね。
米国株はL452Rという遺伝子コード変異があるそうです。
日本人の6割の免疫細胞はHLA-A24というタイプの白血球を持っていて
これが新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を認識します。
BCGによる免疫強化説もあったけど、HLA-A24のおかげで日本人は新型コロナの免疫がなくても、感染しにくいんでしょう。
ところが、L452Rという変異はHLA-A24白血球に認識されなくなる変異。
なので、新型コロナの免疫がないと感染してしまうわけです。
免疫には「細胞性免疫」と「液性免疫」があり、白血球が外敵を殺すのが細胞性免疫。
液性免疫とは抗体を作ることで、抗体が外敵の活動を抑えます。
米国株は新型コロナの感染によって獲得した免疫(抗体)が低下しているとのこと。

米国流行の変異株 日本人6割「免疫」発揮できない可能性

タイトルとURLをコピーしました