新型コロナ感染者は脳が萎縮していた

 
短縮URL(ショートリンク)
健康新型コロナウイルス

イギリスのオックスフォード大学の研究で、
新型コロナ感染者の脳が萎縮していると判明。
脳の萎縮は症状の重さに関係なく起きていたとのこと。
これはブレインフォグが本当に起きている証拠じゃないでしょうか。

イギリスには長期的な健康調査のために、
中高年の健康状態を登録するUKバイオバンクがあります。
51才~81才の785人の脳MRIデータを比較。
うち401人は1回目の脳MRIでは感染しておらず、
2回目の脳MRIを撮る前に新型コロナに感染しています。
401人中15人(4%)は重症になっています。
感染しなかった残り384人と比較すると、
梨状皮質、嗅結節、前嗅核に組織損傷があり、
脳の灰白質が0.7%ほど萎縮していたとのこと。
これらは嗅覚と味覚、記憶に関連する脳の領域。
認知に関する小脳も萎縮していたそうです。
研究者は萎縮を説明する仮説を3つ立てています。
1つは脳にウイルスが入って炎症を起こしている。
1つは神経炎が間接的に脳を損傷してる。
1つは臭いや味を感じなくなって刺激が減り、組織が退化する。

Even ‘Mild’ COVID Is Linked to Significant Brain Changes, Large Study Reveals

タイトルとURLをコピーしました