新型コロナウイルスは太陽光で不活性化する

アメリカの国立生物兵器分析対策センターの研究で、
新型コロナウイルスは太陽光で不活性化すると判明。
物質表面と空気中にいるウイルス、どちらにも効果があるとのこと。

実験では「無孔質」(つるつるした物質)の表面のウイルス量が半減する時間を測定。
気温21~24度、湿度20%では18時間で半減。
湿度が80%になると、6時間で半減。
更に太陽光が加わると、何と2分で半減したとのこと。

空気中のウイルス量は、室温21~24度、湿度20%だと1時間で半減。
これに太陽光が加わると、1分半で半減したそうです。

太陽光の強さ(光量)がどれくらいなのかは、不明。
ある程度の強さが必要なはずです。
なぜなら、冬の時期にも太陽光自体は地上に降り注いでいるのに、感染拡大しているからです。

新型コロナウイルス、太陽光で急速に不活性化 米研究

コメントは受け付けていません。