新型コロナはA型の血液型だと重症化しやすい

イタリアとスペインの調査で、A型の血液型だと重症化しやすいと判明。
調査は1610人の患者と、2205人の健康な人を比較する大規模なもの。
A型の重症化率は他と比べて45%高く、逆にO型だと35%低いそうです。
血液型で重症化率が異なる報告は既にあったそうです。

この調査では、更にDNAの一塩基多型(SNP)と呼ばれる遺伝情報の変異を比べたとのこと。
SNPとは、Single Nucleotide Polymorphismの略で、
DNAのうち一塩基だけが異なっている個体が全体の1%以上いる状態のこと。
このうち、9番染色体の9q34.2が重症化率を変えるSNPだったそうです。
この遺伝情報は血液型を決める遺伝情報のようです。
と言うことは、やはり血液型が重症化率を左右するファクターだった訳です。
本当に血液型が重要なキーファクターなのか、
それとも疑似相関なのかを調べてたんでしょうね。

新型コロナ重症化リスク A型はほかの血液型の1.45倍

コメントは受け付けていません。