新型コロナは免疫反応を阻害する

豪メルボルン大学、ピーター・ドハーティ感染免疫研究所、仏ナント大学病院の共同研究で、
新型コロナウイルスが免疫反応を阻害すると判明。
そのせいで、新型コロナ患者は肺炎になって重症化するのが早いようです。
人間とマウスを使った実験で、免疫細胞で最初に外敵を排除するマクロファージが麻痺してしまう事を突き止めてます。
マクロファージが外敵を発見すると、他の免疫細胞が集まるよう警報を出す役割があります。
重症患者の血液を調べると、マクロファージが不活性化していたそうです。
マクロファージが不活性化しているので、警報を出せなくなり、
他の免疫細胞が集まらず、新型コロナウイルスの攻撃に歯止めが利かなくなる訳です。

肺感染症患者に残る「免疫の傷跡」 新たな疾患リスクに 研究

コメントは受け付けていません。