新型コロナが糖尿病の原因になる

ドイツで、19歳の新型コロナウイルス感染者が回復後に糖尿病になったそうです。
ただし因果関係が明確になったのではなく、関係を示唆しているレベル。
その理由は新型コロナウイルスが糖タンパク質ACE2を利用して細胞へ侵入するから。
ACE2は膵臓の膵β細胞にも存在します。
膵β細胞はインスリン分泌を担っています。
膵β細胞がウイルスに侵され、インスリン分泌が低下し、糖尿病になったと研究者は見ています。
ただしこの患者は自己免疫性の1型糖尿病のリスクが高い遺伝子を持っていたそうです。
なので、元々糖尿病になりやすい人が感染後、ウイルスが膵臓に侵入して糖尿病になったんでしょう。

代謝学:SARS-CoV-2感染後に糖尿病と診断された患者

コメントは受け付けていません。