新コロワクチンは醤油が原料だった

短縮URL(ショートリンク)
健康新型コロナウイルス

新型コロナのワクチンは日本のヤマサ醤油という、1645年創業の企業が原料を提供しているそうです。
その原料とは、シュードウリジンという白い物質。
mRNAワクチンは体内で炎症が起きるのがネックでした。
しかし2005年にシュードウリジンでワクチンを作ると炎症が起きない事が判明。
ヤマサ醤油はイノシン酸やグアニン酸などのうまみ成分を研究し続けてきました。
これらは核酸化物質と呼ばれています。
シュードウリジンも核酸化物質です。
うまみ成分の研究の一環としてシュードウリジンを発見したわけです。
ヤマサ醤油ではイギリスで世界初の新型コロナワクチン承認のニュースを聞いて、
去年秋からシュードウリジン増産体制を整えていたとのこと。
承認から早い普及の背後に、ヤマサ醤油の尽力があったわけです。

新型コロナウイルスワクチン 日本が誇る“しょうゆ”老舗企業が原料製造

タイトルとURLをコピーしました