多くの虫歯は詰め物治療の必要がない

シドニー大学の研究で、虫歯は必ずしも削って治療する必要がない治療を開発したそうです。
研究では1000人の患者に治療を行い、7年間調査。

この治療とは、高濃度フッ化物樹脂を虫歯に塗り、糖度の高いお菓子を食べないこと。
治療後、30~50%の虫歯で詰め物治療の必要がなくなったそうです。
虫歯が2本以上あった人の場合は、80%の虫歯で詰め物治療の必要がなくなったとのこと。

従来の詰め物治療だと、まだ小さい虫歯も削って詰め物をしていますが、
虫歯は通常、4~8年かけてエナメル質から象牙質に侵食するので、
それまでの間にフッ化物治療をすれば、虫歯の侵食は止まるとのこと。

ただし、穴が大きく開いた虫歯は詰め物治療するしかないようです。

Goodbye to dental fillings? ‘No-drill’ techniques can treat tooth decay just as well, study finds

コメントは受け付けていません。