外食をよく食べる人は死亡率が49%高い

アメリカで1999年から2014年のNational Health and Nutrition Examination Survey(国民健康栄養調査)に参加した20歳以上の35084人を調査から、
外食をよく食べる人は死亡率が49%も高いと判明。
その頻度は1日に2回以上外食する人。
外食は週に1回程度の人との死亡率を比較すると、49%も多かったそうです。
心血管疾患の死亡率は18%増加、癌の死亡率は67%も増加していたとのこと。
外食と言っても「Take out meals」なので、高級レストランではなくファストフードのようです。
ファストフードには脂肪や塩分が多い傾向があり、
果物、野菜、全粒穀物、食物繊維や抗酸化物質は少ないので、
健康に悪そうだとはわかりますね。
ただし、ファストフードをよく食べる層は貧困層の可能性が高いです。
であれば、不健康な生活習慣を続けているはずです。
例えば一般に貧乏暇無しなので、睡眠不足の傾向があります。
なので、この調査は単に富裕層と貧困層の死亡率を比較しているだけかもしれません。

SCIENTISTS CALCULATE THE NUMBER OF TAKE-OUT MEALS THAT INCREASE CHANCE OF DEATH

コメントは受け付けていません。