北京で肺ペストが発生

北京で肺ペスト患者が2人見つかったそうです。
2人は内モンゴル自治区出身で北京の病院で治療中。
肺ペストとは、齧歯類から飛沫感染するペストのこと。
または肺ペスト患者からも感染します。

普通のペストは「腺ペスト」で、ノミがペスト菌に感染している齧歯類の血を吸って、更に人間の血を吸うことで感染します。

一方、肺ペストの発生自体は稀ですが、感染力は強いそうです。
2017年にマダガスカルの首都で肺ペストのアウトブレイクがあり、2300人が感染して200人以上が死んでいます。

発症から24時間以内に抗菌薬を投与されない場合、死亡率は90~100%とのこと。
症状は、発熱、嘔吐、悪寒、高熱、頭痛なので風邪と区別がつきませんね。
重篤になると肺炎、呼吸不全となってショック死します。

中国は2002年にSARSの封じ込めに失敗し、感染拡大を招いています。
17年も経ってるので、当局の対応が当時と同じかはわかりませんが、肺ペストも封じ込め失敗するかもしれません。

SARS流行 中国広州地域、その後全世界に拡散

北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください