加工肉を毎日50グラム食べると大腸癌リスクが18%増える

 
短縮URL(ショートリンク)
健康

WHOの研究なので、かなり信憑性は高いと思います。
正確には国際癌研究機関の研究をWHOが採用しています。

IARC Monographs evaluate consumption of red meat and processed meat

この結果、WHOは加工肉をアルコールやタバコと同じ発癌性の「グループ1」に分類。
また赤身肉は「グループ2」という紫外線や概日リズムが狂うシフト勤務に分類されました。

赤身肉すら発癌性があるというのは、
肉を消化する過程で有害な窒素化合物が生じるので、それでしょうね。
赤身肉そのものに発癌性物質は含まれていないはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました