メガネをかけると新型コロナの感染率が下がる

 
短縮URL(ショートリンク)
医学健康新型コロナウイルス

北インドの研究で、メガネをかけていると新型コロナの感染率が下がると判明。
インド人は人口の40%がメガネをかけています。
新規感染者304人中、メガネ着用者は58人19%でした。
メガネの着用が無関係なら、そして今ではインド全域に感染拡大しているので、
感染者中のメガネ着用率も40%くらいになるはずです。
それが実際には19%なので、メガネ着用には新型コロナの感染を防ぐ効果があると言えます。

Risk of Corona virus disease 2019 (COVID-19) among spectacles wearing population of Northern India

武漢肺炎と呼ばれていたエピデミック初期の頃、
一番最初に「奇妙な風邪が流行っている」とウェイボー(中国版ツイッター)で訴えた中国人医師がいました。
この医師はその後、新型コロナに感染して死んでいますが、
死ぬ前に感染の初期症状は結膜炎だったと訴えていました。
新型コロナは結膜からも感染しうるのなら、
メガネ着用で結膜からの感染を防げるのは辻褄が合います。

タイトルとURLをコピーしました