欧米では今頃になってマスク着用義務で感染拡大が抑えられると気付いたらしい

米テキサスA&M大などの研究チームが、マスク着用義務で感染拡大が抑えられたと突き止めました。
日本人にとっては経験則として既に知ってたことですね。
研究では4月6日にマスク着用を義務づけたイタリアと、
17日に同じく着用を義務づけたニューヨークでの感染拡大を調査。
すると、着用義務づけ後に感染者増加ペースが落ちていたとのこと。
それ以前に行ってたソーシャルディスタンスでは感染増加ペースは落ちてなかったとのこと。
研究者は、マスクで空気中に運ばれるウイルス量が減ると見ているようです。
日本人は花粉症とのアナロジーで容易にわかる理屈ですね。

マスクで感染大幅減か 「最も効果的」と米チーム

コメントは受け付けていません。