パーキンソン病は腸内細菌が関係しているかも

パーキンソン病は腸内細菌が関係しているかもという研究結果が出たようです。

Parkinson’s Disease May Be Traced to Gut Bacteria
カリフォルニア工科大学で脳障害マウスを作り、パーキンソン病患者の腸内細菌を移植。
すると、脳障害マウスの症状は悪化したそうです。
一方、健康な人の腸内細菌を移植した方は変化がなかったそうです。
病気に関与していると思わしき腸内細菌は12種類いるそうです。
パーキンソン病はそのうちのどれかが欠けているのかもしれないと研究者は見ています。
腸内細菌が腸の神経系に作用し、神経を介して脳細胞に影響を及ぼしているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください