ノーベル賞を受賞した癌治療薬オプジーボとは

京都大学の本庶教授がノーベル賞を受賞した、癌治療薬オプジーボとは
免疫細胞のPD-1と呼ばれる物質を抑制するPD-L1を取り除く薬
癌細胞は免疫細胞に対抗してPD-L1でPD-1を封じるそうです。

PD-1は免疫細胞が病原菌や癌細胞を攻撃する為の物質ですが
PD-L1により攻撃の手段が封じられ、更に癌細胞とくっついて動けなくなるようです。

オプジーボを投与するとPD-L1が除去され、PD-1が使えるようになり、免疫細胞が癌細胞を攻撃できるようになるとのこと。

オプジーボは2014年には72万円もしたそうですが、
今では17万円まで値下げとなってます。
しかも2018年11月からは保険の対象となり、3割の負担なので支払いは約5万円。

オプジーボに脳障害が起きる副作用が判明

オプジーボに下垂体機能障害が起きる副作用が判明したそうです。
下垂体とは性ホルモンや成長ホルモン、副腎皮質刺激ホルモン分泌を司っている組織。

死に至るのは副腎皮質刺激ホルモン不足が原因で、低血糖になって死ぬようです。

厚生省は小野薬品工業に副作用を表記するよう指示したとのこと。

「オプジーボ」11人に副作用 1人死亡、脳機能障害で

副腎の機能が低下し、疲労、低血圧、低血糖、ストレスに対する抵抗力の低下が起こります。最悪の場合は死に至る可能性もあります。
下垂体機能低下による体への影響

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください