テトラサイクリン歯とは何か

テトラサイクリン歯とは、黄ばんでしまった歯のこと。
テトラサイクリン歯にはる原因は、歯が永久歯に生え替わる時期に「テトラサイクリン」を含む薬を飲んでいた事です。

テトラサイクリンを含む薬は、肺炎や喘息、ニキビの治療薬にも含まれています。
テトラサイクリンは蛍光粒子で、永久歯が作られる時期に象牙質と融合。
更に紫外線に反応して変色します。
なので、唇で遮られている部分とそうでない部分とで、変色の度合いが異なり、その境界が線のようになります。

どんな色に変色するか、どんな模様になるかは薬を飲んでいた時期にもよります。
淡い黄色から濃いオレンジ、黒く変色する事もあります。

例えば、永久歯が作られ始めてから薬を飲んだ場合、歯の先端部分は白く、中間から根元までが変色します。
逆に永久歯が作られる前から薬を飲んでいて、歯が形成される途中で飲むのを止めた場合は、先端から中間までが変色し、残りが白くなります。
変色が縞模様になるケースもあるそうです。

テトラサイクリン歯は象牙質自体が変色しているので、治す方法はありません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください