ゾフルーザとは何か

インフル新薬「ゾフルーザ」とは、
2018年3月14日に発売開始となった新しいインフルエンザ治療薬。

ゾフルーザは先駆け指定制度で承認された

1回飲むだけでインフルエンザが治るという触れ込みで、
「先駆け審査指定制度」として去年10月に申請が為され、5ヶ月経過して承認。

一定の要件を満たす画期的な新薬等について、開発の比較的早期の段階から先駆け審査指定制度の対象品目(以下「対象品目」という。)に指定し、薬事承認に係る相談・審査における優先的な取扱いの対象とするとともに、承認審査のスケジュールに沿って申請者における製造体制の整備や承認後円滑に医療現場に提供するための対応が十分になされることで、更なる迅速な実用化を図るものです。
先駆け審査指定制度について 厚生労働省より

ゾフルーザは何をしているのか

従来のインフルエンザ治療薬はウィルスが侵入した細胞から出られないようにする効果があったようです。
一方、ゾフルーザはウィルスが増殖できないようにする効果があるとのこと。

細胞から出られないようにすると言っても、
その細胞が死ねば細胞膜が破れる訳で、
インフルエンザの進行を遅らせる効果しかないんでしょうね。

ゾフルーザは増殖そのものを抑えるので、治るのが早いという仕組みらしいです。

従来の治療薬であるタミフルは5日間飲む必要があり、
金額は2830円(5日分)に対して、ゾフルーザは4780円(1日分)。
1.5倍ほど高いけど、1日で治るならトータルでは得ですね。

ただし、ゾフルーザを使うとウイルスのアミノ酸変異が起こり、
ウイルス力価が上昇して却って症状が長引くケースもあるそうです。

ちなみに、ウイルス力価とはウイルスが細胞に感染できる濃度(希釈倍率)の事。
数値は希釈倍率なので、大きい数値ほどより希釈されている=濃度が薄いという意味。
引用グラフでは3日後からウイルス力価が上昇しています。
ゾフルーザのウイルス力価
ゾフルーザ錠10mg/ゾフルーザ錠20mg

ゾフルーザに耐性があるウイルスが出てきた

ゾフルーザに耐性があるウイルスが見付かったようです。

インフル薬ゾフルーザの耐性ウイルス、患者から検出

発売前の試験データから、ゾフルーザは耐性が付きやすいと懸念されていたようです。
なので、耐性が付きやすい薬を使う事に懸念を表明する専門家もいたんだとか。

ゾフルーザ未使用患者から耐性ウイルスが検出された

2019年3月12日に、ゾフルーザ(バロキサビル)未使用の患者から耐性ウイルスが検出されたと国立感染症研究所が報告してます。

2018年11月に三重県保健環境研究所において、12歳の小児からPA I38T耐性変異ウイルス(A/三重/41/2018)が検出された。患者は散発例で発症翌日に医療機関を受診し、インフルエンザと診断された。検体採取前に抗インフルエンザ薬の投与を受けておらず、バロキサビル未投与例であった。
新規抗インフルエンザ薬バロキサビル未投与患者からのバロキサビル耐性変異ウイルスの検出

どうもゾフルーザを使った患者から感染したらしいです。

発症前には、通園していた幼稚園でインフルエンザの集団発生があった。入院時に検体採取されたが、オセルタミビルの投与を受けており、バロキサビル未投与例であった。

(中略)

検体採取前には抗インフルエンザ薬の投与を受けておらず、バロキサビル未投与例であったが、発症前日に兄がインフルエンザを発症しバロキサビルの投与を受けており、兄弟間での感染伝播の可能性がある。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください