スペイン風邪経験者の107歳老婆が新型コロナも生還

オーストラリアのMurtle Hooperという107歳の老婆が新型コロナウイルスに罹患して重症化。
しかし集中治療室で治療を終えて生還したとのこと。

Murtleさんは老人養護ホームに入所してたそうです。
その職員が新型コロナウイルスに感染したと発覚。
入所者にも検査をしたところ、Murtleさんも感染が発覚。
その後、重症化して入院していたとのこと。
しかし「驚異的な回復力」で生還したそうです。

Murtleさんは7歳の頃にスペイン風邪にも罹った事があり、
2回のパンデミックに生還した人という事になります。

Spanish flu survivor, 107, on her nursing home’s coronavirus lockdown: ‘It’s like we’re in jail’

コメントは受け付けていません。