サーファーには納豆アレルギーが多い

サーファーは納豆アレルギーが多いそうです。
その理由は「交差反応」と呼ばれるアレルギー反応のせい。
交差反応とはアレルゲンと同じ物質が含まれているので、別の物にも同じアレルギー反応をしてしまう現象のこと。

サーファーの納豆アレルギーは納豆のねばねばに含まれるポリガンマグルタミン酸(PGA)が原因。
ポリガンマグルタミン酸は実はクラゲの毒にも含まれています。

サーファーの多くがクラゲに刺された経験があります。
そのせいでポリガンマグルタミン酸に対してアナフィラキシーショックが起きるようになってます。

なので、サーファーが納豆を食べたりねばねばが体にくっつくのは危険。

交差反応によるアナフィラキシーショックは他にも「ヒアリ」と「アシナガバチ」にもあります。
ヒアリの毒とアシナガバチの毒が同じ物質だからです。

ダニアレルギーと甲殻類アレルギーにも交差反応があります。
どちらも殻が同じ物質でできているからです。

ラテックスアレルギーとフルーツアレルギーも同様。
正確にはバナナやキウイ、アボカド、栗など。
これも同じ物質が含まれているからです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください