サマータイムはデメリットが多すぎる

東京五輪に為に期間限定2年のみサマータイムを導入すると政治家が言い出してますが、
サマータイムなんて導入せずとも就業時間を早めればいいだけじゃないですかね……。

それでサマータイムのデメリットを調べてみると、
主に睡眠障害と心疾患、脳血管障害が起きるようです。

daylight saving time(Google Scholar)より引用の多い論文を抜粋。

サマータイム導入で就寝時間が狂い、睡眠リズム障害になる。
The Human Circadian Clock’s Seasonal Adjustment Is Disrupted by Daylight Saving Time

2007年のドイツの調査では時間を早めるのに慣れるには平均4週間かかり、
時間を遅めるのに慣れるには平均3週間かかったそうです。
一般社団法人 日本睡眠学会 サマータイム制度に関する特別委員会

睡眠障害になるのは体内時計が狂うからでしょうね。

サマータイムの開始時期や終了時期の時刻変更期に心筋梗塞や脳血管障害が増える。
Shifts to and from Daylight Saving Time and Incidence of Myocardial Infarction

また睡眠障害が起因となって交通事故や労働災害も増えるようです。

サマータイム導入で交通事故が増える。
Daylight Savings Time and Traffic Accidents

サマータイム導入で労働災害が増える。
Changing to daylight saving time cuts into sleep and increases workplace injuries.

日本でも1948年にGHQ主導でサマータイムが導入されたものの、終業時間が伸びるだけだったので、4年後に廃止。
過去に実例があるので、日本で導入したら同様に終業時間が伸びて長時間労働が蔓延するだけですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください