コンゴでエボラ出血熱が感染拡大

2018年8月1日から始まったエボラ出血熱の感染が広まっているコンゴで、アメリカの専門チームが撤退。
感染拡大の理由は何と内戦。

コンゴのエボラ出血熱、感染拡大の恐れ 米対策チームが退避
感染者は211人が確認され、135人が死亡。
55人は回復。

感染拡大中の地域では内戦からの避難民が増加。
感染リスクが増大しているとのこと。

米疾病対策センター(CDC)も安全の為に感染拡大地域から避難したそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください