キノコは鬱病リスクを半減させる

短縮URL(ショートリンク)
メンタルヘルス健康

ペンシルバニア州立大学の研究で、
2005年~2016年までの2万4000人のメンタルヘルスデータから、
キノコが鬱病リスクを半減させると判明。

キノコにはアミノ酸エルゴチオネインという抗酸化物質が含まれています。
抗酸化物質には鬱病、統合失調症などの精神疾患に効くという先行研究があります。
またキノコにはカリウムも多く含まれています。
カリウムには不安を軽減させる効果があります。
ただ、キノコを食べるほど鬱病リスクが減るのではなく、一定の量以上は変化がないようです。

Mushroom consumption may lower risk of depression

タイトルとURLをコピーしました