カプサイシンには大腸癌を抑制する効果がある

短縮URL(ショートリンク)
健康

The Journal of Clinical Investigationに報告された研究によると、
米カリフォルニア大学のPetrus de Jong博士が、
唐辛子の成分「カプサイシン」が
大腸癌の発生を抑制すると突き止めました。

更に抗炎症薬のセレコキシブと併用すると、
より効果があるとのこと。

マウスを使った実験で、
大腸癌になりやすいマウスを作り、
カプサイシンを与えたところ、
カプサイシンの痛みが腸壁細胞を刺激し、
直腸の腫瘍の発達を抑制したそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました