イタリアでは麻疹ワクチンを拒否して麻疹パーティをやっている

反ワクチン派政権がワクチンの義務化を中止。
そのせいか、ヨーロッパ全域で麻疹が流行。
現状では約8万人が罹患し、37人が死亡。

その一方で、イタリアでは麻疹パーティをやってるそうです。

反ワクチン派の政党が政権をとったイタリアで今、起きていること
麻疹パーティとは麻疹患者に子どもを接触させて麻疹を感染す事。
だったらワクチンでいいんじゃないですかね……。

イタリアのせいで欧米で行っている集団接種が無意味化しつつあるようです。
反ワクチン運動はどうやら反エスタブリッシュメント感情の絡んでいるらしい。
なので理屈で説明しても無駄なんですね。
衆愚政治の典型ですね。
日本の反子宮頸がんワクチンやら反原発も似たような感情が背後にあるんでしょうね。

イタリア以外の欧米諸国でも反ワクチン運動が広まりつつあるようです。
それで感染者が増えているんだとか。
トランプ大統領も反ワクチン派らしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください