イスラエルがmRNAワクチンの成果を発表

イスラエルのClalitHealth Servicesで行われた596618人への大規模ワクチン接種の結果が公開されています。
調査期間は2020年12月20日から2021年2月1日まで。
結果は、最初の接種から14~20日間では46%の感染を阻止。
2回接種して7日後では感染を92%予防。
また入院は最初の接種で74%、2回目の接種で87%を予防。
重症化は最初の接種で62%、2回目で92%を予防とのこと。
臨床試験では92%~94%を予防できるという結果が出ていたそうで、一致していますね。
このワクチンが本当に有効なら、
風邪の主な原因はコロナウイルスとライノウイルスで、
コロナウイルスに効くわけですから、
風邪の特効薬と同義でしょ。

BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine in a Nationwide Mass Vaccination Setting

コメントは受け付けていません。